【スカイリム MOD/待機モーション・ポーズ集解説】Pinup Poserのインストールと使い方 « スカイリム・キャラメイク/MOD/まとめ/トラブル/Tips/覚え書き 忘備録

【スカイリム MOD/待機モーション・ポーズ集解説】Pinup Poserのインストールと使い方

やっとできました(*´Д`)管理人みたいな方でも使えるように、インストールから使い方までの備忘録をメモしておきます

 

 

というわけで、MODのインストールから、使い方までメモ

 

 

 

— Pinup Poserのインストールと準備 —

使用する上で最低?3つのファイルをダウンロードし、インストールします

※スカイリムバージョンによって異なるかもです

 

 

1.まず当然ですが・・・

Pinup Poser本体をダウンロードしインストールします

※記事公開時点での最新ぱーじょん1.1を使用しております

 

NMM側でのダウンロードボタンが用意されていないので

ブラウザでダウンロードしていただき

ダウンロードした圧縮ファイルをそのまま、NMMに適用してください

NMMへの適用は、NMMの左上にあるプラスのアイコンから、リストに載せることが可能です

 

 

 

2.次にFores New Idles in Skyrim – FNISをインストールします

実は管理人ここでつまづいておりました(;´Д`)

 

管理人は下のファイルのみインストールしており、上のファイルをスルーしておりました(汗

スルーしてしまっていることにも気づいてなかった。。

というわけで、上記の2ファイルは必須です

 

バージョンに応じたオプションファイルがあるので、

使用しているバージョンに応じて、オプションファイルをダウンロードし

上の2ファイルに上書きでインストールしてください

 

これで準備は完了です

 

 

 

— Pinup Poserの使い方 —

ここからは使い方の解説となります。

 

導入に成功されていた場合は

自動的にインベントリに以下の指輪が追加されております

 

まずは、idle Selectから装備します

装備してインベントリを出ると・・・・

 

こんなメニューが出てきます。

ここでは、大まかなスタイルを選択することができ

L – 横になっている(Lay)ポーズ

S – 座っている(Sit)ポーズ

K – ひざまづいた(Kneel)ポーズ

 

こんな感じになってます

※立ち姿はのちほどご紹介します

 

 

とりあえずS3を選択してみます

すると・・・

こんな感じで、Sitポーズを選択できるので

ここではS13を選択します

 

まだこのままだと変化はないです。

もう一度インベントリを開き

idle playを装備してください

※今回のバージョンから、自動で指輪装備が外れるようになっています

 

 

装備後インベントリを出ると

自動でポーズをとってくれます

 

(*´Д`)ついにできましたよ

ホントだめなわたし・・・(汗

ポーズ中に移動できるのもうれしいです

あとポーズを抜ける時はジャンプとかすると、戻れます。

 

ちなみに・・・撮影や閲覧には

コンソールを利用します

fov 20

tfc ※カメラ目線の移動

tm ※メニュー表示の消去

シンプルな感じだと、上のコマンドでOKです

 

 

 

 

 

さて・・・立ちポーズはどうすんのヽ(´ー`)ノ

 

上記と同じようにインベントリの下のほうにStanding用の指輪が追加されております

 

立ちポーズの種類は100種類以上となっていて恐ろしく多いので

Ver1.1では、こんな感じで2つに分かれております。

 

やり方は、基本的に一緒です

selectから装備して、任意のポーズを選択

その後playを装備することで、自動的にポーズを取ってくれます

 

※Standing1から選択した場合は

Standing1のplayを装備するようにしてください

 

こんな感じで非常に多くのポーズをお楽しみいただけます

管理人も今後の撮影には使わせていただきたいと思います(*´Д`)

 

 

ダウンロードはこちらから

参考になるポーズ写真集はこちらから



 

1つのコメントがあります : 【スカイリム MOD/待機モーション・ポーズ集解説】Pinup Poserのインストールと使い方

コメントを残す

 

 

 

これらのHTMLタグが利用可能です

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>