【スカイリム MOD/BGM・ラジオ・サウンド拡張】SkyRadio « スカイリム・キャラメイク/MOD/まとめ/トラブル/Tips/覚え書き 忘備録

【スカイリム MOD/BGM・ラジオ・サウンド拡張】SkyRadio

好みの音楽をスカイリムの世界に流すことができるMOD。これは素晴らしいかも

 

 

音楽といえば管理人は倉木麻衣さんが大好き

どこが好き→全部好きという信者でございます

 

冒頭から全く関係の無い話になってしまいごめんなさい。

 

良い感じ。。置いてもOK・持ち運んでもOK

これはダンスモーションとか活躍しそうですね~

 

というわけで、早速導入してみたいと思います。

 

 

音楽ファイルの変換方法から

導入にあたり注意点などもありますので、ご確認の上で導入をお願いします。

 


— SkyRadio導入方法1 音楽ファイル変換ソフトの準備・ソフトダウンロード —

 

今回の記事作りにあたって

Efficient WMA MP3 Converterというソフトウェアを利用いたしました。

※基本的にはみなさん使い慣れたソフトで大丈夫です。

上記リンク先のTOPページ左側メニューに、Downloadがあります

 

Downloadページに移動したら

download Efficient WMA MP3 Converter (installation)

をクリックしてください。

※海外サイトでのダウンロードとなりますので、どうしてもダウンロードの仕方がわからない方は

コメントでご連絡をお願いします。

 

 


— SkyRadio導入方法2 音楽ファイル変換ソフトの準備・インストール —

 

まずダウンロードファイルを実行します

cnet2_ewmamp3_exe.exe ←上記リンクからこのファイルをダウンロードしているので

これをダブルクリックなどで実行してください。

※exeが重なって名前がついてますが、仕様と思われます。

 

ファイルを実行するとインストールウィザード(インストールするための窓みたいなもの)が

立ち上がりますので、基本的にはインストール完了まで全部次へでOK

んで、ひとつだけ注意です

 

みなさんがお使いのブラウザにツールバーのインストールを促してくるので(フリーソフトの広告です)

必要無いという方は、赤枠部分のi do not acceptにチェックを入れて、次にNext Stepへ進み

インストールを完了してください。

 

 


— SkyRadio導入方法2 音楽ファイルの変換方法 —

 

さてインストールが終わったら、音楽ファイルを変換したいと思います。

 

その前に、管理人と同じEfficient WMA MP3 Converterを使われる方

起動時に常にアップデートをチェックしたり、求められたりするので

画像の通りに設定してください。

赤枠の設定を変更後、青枠のチェンジをクリック。

その後にNOをクリックすると、アップデートしないままになります。

※アップデートしてもしなくてもどちらでもOKです。特に問題はありません。

 

さて本題に移ります。

Efficient WMA MP3 Converterを実行するとデフォルトの画面が開きます。

日本語化パッチもあるのですが、最新版には対応していないので、今回は英語版のまま使わせていただきました。

 

上部メニューについてです。

操作はこの4つのボタンを理解していただければ問題無しです

 

♫のアイコンをクリックして、音楽・音声ファイルをリストに追加してみましょう。

ファイルの参照と選択画面をハショってますが、みなさんなら大丈夫かな

※わからなかったら、コメントくださいね。

 

リストに追加すると、上の画像のような状態になります。

ファイルひとつひとつでもOKですし、管理人のように特定のフォルダに内包されている

音楽ファイルをまとめて追加していただいてもOKです。

リストにファイルが追加されたら、あとは変換するファイル形式と設定を選択するだけです。

この設定内容が今回一番の注意点となります。

といっても難しいことはなく、画像と同一の設定にしていただければ問題ありません。

 

※これは、管理人と同一のEfficient WMA MP3 Converterを使ってない方でも

注意が必要なポイントです。

スカイリムの音源ファイルは、極力44100Hz  16bitに設定してご利用ください。

上記の設定以外はトラブルを招く可能性があります。

どの変換ソフトでも基本的に設定が可能な項目です。

 

設定が終わったら、メニュー画面上部の「GO」ボタンをクリックしてください。

変換が始まり、さほど時間もかからず終わると思います。

 

 


— SkyRadio導入方法3 変換した音楽ファイルのリネーム —

 

Skyradioで読みこませるには、適当な名前ではなく

決まった名前にしてあげる必要があります。

 

これで最後のステップです。

上で変換したファイルが格納されているフォルダを開き

その変換したファイルの名前を変更します。

 

リネームソフトについては割愛させていただきますが

Vista以降であれば、一括でリネーム可能です。

リネームしたいファイルを範囲指定しアクティブ(選択している状態)にしたら

どのファイルの上でもいいので、右クリックメニューから名前の変更を選択

「track」に変更し、実行してください。

そうすれば、自動的に選択したファイルのリネームが画像のように可能です。

※カッコがついていたらダメかもですが、ここはあとで触れますね。

 

リネームの番号順は適当でOKです。

V1.0時点ではとなりますが、フォルダ内の音楽ファイルをランダムに再生するためです。

番号順の再生などの指定は、現時点ではできません。

 

 


— SkyRadio導入方法3 変換・リネームした音楽ファイルの移動 —

 

移動場所は

\Skyrim\Data\music\SkyRadio

SkyRadioの中に移動すれば準備OKです。

 

※最初にtrackPH.wavというファイルが入っていますが

何も音楽ファイルを入れていない時のためのファイルだと思いますので

消してもらっても大丈夫です。

 

※Skyrimのインストールフォルダは、みなさんの環境によってバラバラです。

見つからない場合は、ショートカットアイコンのプロパティなどを見て見つけてください。

 

これで準備完了です。

方法をひとつひとつ記載させていただいたので

すごく面倒に感じられるかもですが

手順はいたってシンプルです。

変換 → リネーム → 移動(コピー)

この3手順でOKです。

 

取得方法はコンソールからの方法を

ページ下部に記載しております。

 

 

ダウンロードはこちらから



 

これだけ長い記事を作っておりますが

みなさんに大変重要な告白がございます。

管理人の環境では音楽を再生しようとすると、必ずCTDします

 

(*´Д`)だめじゃんかよ・・・

いろいろ怪しい部分をチェックして、がんばったのですが(汗

この記事、午後には出来上がり、元々ランキング記事より前に公開する予定でした。

 

さすがに手順を紹介している私が動かないはマズイと思い

いままでずっと、いろいろ触っておりました

ファイル名の番号部分やWAVの変換形式に

WAV自体のファイルサイズなどなど

なにやってもダメ。。せっかくここまで作ったのに、一番重要なところでつまづきました。。

今日はもうギブアップです(汗

 

原因がなにかわからず。まだバニラに戻してないので

あとでバニラに戻して試してみたいと思います。

 

 

—  取得方法 —

※ちょっとずるいかもですが、コンソールからの取得を記載させていただきます。

1,コンソール(プレイ画面どこでも【半角/全角キー】を押す)に入ります。

2, 追加方法〈アイテム名は入力不要です。〉

 

player.placeatme ××0053c9 1   Rose Hidden Robe

装備品取得とコマンドが違うので注意してください。

 

3,なにも変化が無いかもしれませんがコンソール【Altキー&半角/全角×2】 出てください。
※コマンドはスペースも忘れずに&小文字でも大文字でもOK

コンソールを出ると、ジュークボックスが目の前に現れます。

 

※画像のようにアイテム追加MODを利用している際、espファイルのロードされる順番が

loadorderのXXに影響するので、XXの確認はMOD管理ツールのNMMから調べてください。

該当するMOD名を見つけたら、このloadorderの数値を参考に入力してください。

よくわからないという方は、loadorderをたどるように03.04.05などと順番に試してみてください。

※導入したMOD付属espのloadorderが02だった場合は、××の部分は03となります。
 コンソールの使い方、参考例はこちら

 

どうしてもわからない場合は、コメントでヘルプしてくださいね!

 

コメントを残す

 

 

 

これらのHTMLタグが利用可能です

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>