【SKYRIM/スカイリム忘備録の参考メモ】PCスペック別のGPU比較動画のまとめ+15 « スカイリム・キャラメイク/MOD/まとめ/トラブル/Tips/覚え書き 忘備録

【SKYRIM/スカイリム忘備録の参考書1】PCスペック別のGPU比較動画のまとめ+15

参考メモとしてGPUの比較動画を記事にまとめてみました。ちょっと着地点が無い記事になっておりますが・・・。よろしければご参考にしていただけると光栄です。

 

スカイリムのMODも揃ってきたから、そろそろ本気だすかという方

色々なのSSを見て寂しさを感じられている方

スカイリムが重くてちょっと悔しさをかみしめている方

そんな方たち向けの参考メモにできたらと思います。

という前置きでかっこつけてみましたが・・・

正直、管理人が買換え希望組のため、自らのためも含めて

動画による参考メモを作っておりました。

 

管理人独自主観の勝手きままな自己解釈コメントと(汗

動画録画環境とスペックを記載されている動画をピックアップしました。

※リンクはあくまでご参考までに(Amazonリンクを貼らせていただいております)

 

 

※動画下部のチャンネル品質の設定ボタンよりHD画質を選択してご覧ください。

 

Corei7あたりもだいぶ定着してきました。お使いのパソコンに搭載されている方も多いのでご参考いただきやすいかもですね。

特に知識がなくとも揃えやすい構成なので、参考になりやすいと思います。

CPU:  Core i7-2600K Processor (8M Cache, 3.40 GHz)
GPU:  SLI GTX 580
GPU性能スコア: 24554

上記スペックの類似モデルPC

 

 

 


※動画下部のチャンネル品質の設定ボタンよりHD画質を選択してご覧ください。

 

こちらも上の動画主様と同様のスペック構成。BTOなどでも入手しやすい構成です。

CPU: Core i7-2600K Processor (8M Cache, 3.40 GHz)
GPU: GeForce GTX 580 Phantom
MEM: G.Skill 4 GB High Performance RAM
GPU性能スコア: 24554

上記スペックの類似モデルPC

 

 

 


※動画下部のチャンネル品質の設定ボタンよりHD画質を選択してご覧ください。

 

電源が600wと一般的なPCに近いスペックです。
6870とか結構消費電力少ないんですね。
優秀です。このあたりはBTOあたりで入手しやすそうなモデルです。

CPU: AMD Quadcore 3.5GHz
GPU: XFX Radeon HD 6870
MEM: 8GB Corsair Vengance RAM
PSU: 600W
GPU性能スコア: 22724

 

 

 


※動画下部のチャンネル品質の設定ボタンよりHD画質を選択してご覧ください。

 

こちらも優秀なスペック。
このスペックあたりだと、影の表現がすばらしいですね。
違和感みたいなものを感じません。
夜空に飛ぶドラゴンが素敵です。
あとドラゴンソウルを吸収する際に
管理人の環境では、カクカクなんですが、そんなこともなく
しっかり描写されているのがわかります。

CPU: AMD Phenom X4 955 BE @3,7GHz
GPU: ATI RADEON 6950HD Catayst 11.10
MEM: 8GB Go DDR3 G-Skill
GPU性能スコア: 23727

 

 


※動画下部のチャンネル品質の設定ボタンよりHD画質を選択してご覧ください。

 

だいぶ価格がこなれてきた感があるGTX480。
ご予算考えて、おこづかいと相談してという方は、自作されるならこの動画主さんスペックは参考になると思います。
電源も650wで動いていることにも注目。
凄まじいハイスペックではありませんが、動画のクオリティ悪くないです。

CPU: Intel Core i5 750 @ 4 Ghz OCED (200×20)
MEM: GeiL 4x1GB DDR3 1333
GPU: MSI GTX 480
PSU: Corsair TX650
GPU性能スコア: 23150

 

 


※動画下部のチャンネル品質の設定ボタンよりHD画質を選択してご覧ください。

 

オーバークロックなどの改造を施されているハイスペック。
6950 unlockedはロックを解除することで6970と同等のスペックを引き出すという改造です。
ポテンシャルはかなり高そうです。
SSDも搭載されていますが、こういった構成では、改造に耐えうる冷却と電源の記載は非常に参考になるのでうれしいです。
動画を見る際は、チャンネルの品質を変えるのをお忘れなく。

CPU: i5 2500k 4.20Ghz(OC)
GPU: sapphire toxic 6950 unlocked to 6970 :P
PSU: ocz 750w power supply
SSD: 60GB
MEM: 8gb of corsair vengeance ddr3 1600mhz
Cooler: corsair A70 high performance cooler
GPU性能スコア: 23727(6950のスコアを記載しております。)

 

 


※動画下部のチャンネル品質の設定ボタンよりHD画質を選択してご覧ください。

 

いままでのGPUより少し性能が落ちます。それでもHD6790あたりならまだ快適プレイは可能だと思います。
GPUメモリも1GBですが、動画ではなかなかな安定感を感じます。
※MOD状況に当然左右されますが。
あくまで管理人の主観ですが、1万円台で購入可能かつ、電力消費もそれほど来にしなくてよさげなので
コストパフォーマンスが最も高そうなグラボのひとつかも。

CPU: AMD FX-4100 Quad-Core Processor (3.60 GHz)
MEM: 4096 MBytes (4GB)
GPU: HD-679X-ZR AMD Radeon HD 6790 1GB GDDR5
OS: Windows 7 HPE (64-Bit)
GPU性能スコア: 18074

 

 


※動画下部のチャンネル品質の設定ボタンよりHD画質を選択してご覧ください。

GTS 450は管理人と同一のGPUです。
ご紹介した理由は、安価でもPC版のスカイリムをプレイしたいという方がいらっしゃるのではと思ってのことなんですが
こうやってみると、いかにグラボが大切か身にしてみてわかります(涙

すこしでも良い画質で撮影しようとしているので、管理人のPCはキャラメイク中に落ちますw
しかも解像度1280×800でのプレイ

でもGPU性能は15000をマークしているんですね。
上の動画(HD6790)は18000をマークしているのですが
見比べるとたった3000という違いだけじゃないような、とんでもない差を感じます。
このあたりはGPUだけでなくCPUや足回りの違いも明確に出そうですね。
管理人的には、このスペックあたりがギリギリのライン。
ただGTS450を購入するなら、間違いなくHD6790のほうがいいです。

CPU: AMD FX-4100 Quad-Core Processor (3.60 GHz)
Mem: 6 GB DDR3
GPU: GTS 450
PSU: GS 500 (Gaming Series)
GPU性能スコア: 15237

 

 


※動画下部のチャンネル品質の設定ボタンよりHD画質を選択してご覧ください。

 

現段階で最高スペックに近い改造かもです。
RadeonのCrossfire(二枚刺し)
動画を見ていただけるだけで、いろいろ別世界なことがお分かりいただけますが
もっとも違うなと個人的に感じたのは、水の流れ方です。
なにもひっかかりがなく、なめらかに流れています。
うらやましい(泣

そしてとても参考になったのが、電源が750wで動作していることですね。
少し前の世代は電力バカ食いのモデルがたくさんだったのですが
最近はグラボもエコに力をいれてますね。とても参考になりました。

CPU: AMD Phenom II x4 965 Black Edition 3.4GHz
GPU: Asus Radeon HD 6870 Direct CU Crossfired
RAM: 8GB DDR3 1600
PSU: Chieftec 750 w
GPU性能スコア: 22724(6870一基の性能スコアです)

Radeon 6870or6850 Crossfiredに関するベンチマーク記事はこちらが参考になります。

PCとオーディオとカメラの備忘録

ベンチマークや消費電力についても細かく比較されて、記載されていました。
とても参考になります。

pc.watch

こちらも画像多数で、とても細かい比較記事となっています。
どちらも参考記事としてはおすすめです。

 

 


※動画下部のチャンネル品質の設定ボタンよりHD画質を選択してご覧ください。

 

GTX 470s搭載の足回りのスペックの高い一台
安定感のありそうな、バランスの良いハイスペックマシンです。
動画の構成以上にもっと無理しても大丈夫そうな印象があります。

Cpu : intel core I7 920 3300Mhz Wather cooled.
Gpu : 2 x GTX 470 SLI 2600Mb GDDR5
Hdd : SSD 250 GB
Psu : Corsair 1000 watt 90+
Ram : 12 GB Gskill 1600 XMP
Brd . : Asus delux V2 X58 SLI
Os : Windows 7 ultimate x64 index 7.5
GPU性能スコア: 22012

 

 


※動画下部のチャンネル品質の設定ボタンよりHD画質を選択してご覧ください。

 

こちらもGTX580 細かい描写に違いを感じます。
580ならかなりMODを導入しても、問題なく遊べそうですね。
管理人もほしいです。。

CPU: Intel i5 2300k 2.80Ghz
GPU: EVGA GTX 580 Superclocked
RAM: 6GB DDR3 RAM
PSU: 600W
GPU性能スコア: 24554

 

 


※動画下部のチャンネル品質の設定ボタンよりHD画質を選択してご覧ください。

 

動画はENBのデモンストレーションからですが
すばらしいですね。このあたりの性能があれば、グラフィック関連の設定次第で実写のように
リアルな描写でスカイリムをプレイすることも可能です。

CPU: i5 2500K @ stock 3.30Ghz (turbo on)
GPU: Asus GTX 560 Ti
MEM: Corsair 4GB 1600mhz DDR3 (2x2GB)
PSU: Corsair CX600
GPU性能スコア: 23138

 

 


※動画下部のチャンネル品質の設定ボタンよりHD画質を選択してご覧ください。

 

上記の動画と同様のスペック。
クオリティも同様に高いですね。CPU: Intel Core i7-2600 3.40 GHz
MEM: 8.00GB RAM
GPU: Nvidia GTX 560
OS: Windows 7 64bit
GPU性能スコア: 560 tiに類似した性能と思われます。

 

 


※動画下部のチャンネル品質の設定ボタンよりHD画質を選択してご覧ください。

 

6850×2かつオーバークロックのモンスタースペック。
この構成で620wってすごいな。。
よく動いているなあ。
所有者ではないのでわかりませんが
ひょっとしたら、GPUの性能落としてる可能性もあるような。。
もう少し電源に余裕があるといいですね。
でもしっかりと稼働されていることにGPUの優秀さが伝わってきます。
OCの数値もすごいです。
すごく参考になるので、もう少し違うパターンの動画が見たかった。。

OS: Windows 7 – 64 Bit
CPU: Intel Core i5-2500 3.3ghz OC’ed to 4.7ghz
MEM: 8GB 1600mhz g.skill ripjaws
GPU: Ati 6850 x2 crossfire
PSU: Antec current gamer 620watt
GPU性能スコア: 21876

 

 


※動画下部のチャンネル品質の設定ボタンよりHD画質を選択してご覧ください。

 

こちらもGPUはハイスペックなモデルです。
ENBの調整で人の彩度がとても高いですが、風景はとても綺麗です。
このGPUなら64bitかつ8GB以上のメモリ搭載がおすすめですよ

CPU: AMD Phenom X4 955 X4 (3.7Ghz)
GPU AMD 6950 (Stock)
MEM 4GB
GPU性能スコア: 23727

 

さていかがでしたでしょうか

新しい視点&新しい試みで地に足が着いてませんねw

ちょっと着地点が無い記事になってしまっております(汗

ごめんなさい。いろいろ勉強しなくては。。

 

とりあえず・・・

GPUの比較をする際に、少しでもご参考にしていただくことができれば

とても光栄でございます。

 

次回は・・・

しっかりと記事の着地点を設けたいと思います。

パソコン販売を営む管理人による、実際にパソコンを購入する際のお得な??購入術について

触れていきたいと思います。

お得じゃなかったらごめんなさい。。たぶん期待はずれになりそうです(汗

今回の比較記事を元に、GPU選びのポイントや

安価にスカイリムが起動し遊べるパソコン準備などを追求していきたいと思います

うまくいくのかな。。。

 



 

– 今回の記事につきまして –

管理人は自作専門というわけではないので、参考程度までにご覧いただけますと助かります。

ここから管理人のパソコン環境と、買換えを考えている方向けの記事をと思ったのですが

次回に触れさせていただきます。

かなり長くなるので一旦締めさせていただきます。

 

記事内にてGPU性能マークとして記載している数値は、Hardware-Navi ~誰でも分かる、パソコンのパーツ選び~様に記載されている数値を元に参考メモを作らせていただきました。

国内有数のGPU比較サイトで最新モデルも常に網羅されております。

スカイリムユーザーの方はぜひBMを

 

次回はパソコンの買換えと購入ポイントについて触れてみますのでお楽しみに

 

6のコメントがあります : 【SKYRIM/スカイリム忘備録の参考メモ】PCスペック別のGPU比較動画のまとめ+15

  • 膝に矢を受けたレイモフ

    管理人様、お久しぶりです。。

    最近MODぶっこみすぎてCTDに悩みまくりの糞ノルドです。
    突っ込むべきか悩んだのですが・・・
    10番目のGTX470SLI構成の説明がCFXになっておりますです。

    うん。。
    一応激しく突っ込まれて古傷の膝が痛まないようにと思い・・
    あ・・・それは私の膝だった・・・(´・ω・`)

    自分は580の3WAY構成ですが、
    Extended Slider Colors MODの脅威には勝てないです。。
    あのMOD素材はいいんですが、
    CTD誘発剤に貢献しまくりです(´・ェ・`)

    と、どうでもいい話になってしまいましたが、
    ブレトンな管理人さんのブログは毎日楽しみにしておりますので
    これからもちょこちょこ頑張ってください!!

    そのうち膝に矢を狙い撃ちしにきますねv(ゝω・)テヘペロ

    • スカイリム忘備録-管理人

      レイもふさん

      こんばんわ!
      いきなり突っ込ませてしまいごめんなさい。。
      こっそり修正しておきました(汗
      どこかの文面と混ざって、ごちゃごちゃになってたみたいです。。

      580の3wayですか!!!
      リアルの知人で3wayは一人もいないので、きっとすごいんでしょうねえ。。。
      Win indexとか7とか余裕で飛び越えそうなのに
      CTDですか。。
      とんでもないモンスターが矢に膝を受けてますね

      そんなモンスターでCTDだと、、
      どちらかというと別の部分を怪しまれたほうがいいような気もしなくもないですね。。
      メモリ1GBしか搭載してないとか、PSUが500W程度とかおかしな構成じゃない限りは
      性能うんぬんよりExtended Slider Colors自体がという気もしますね。。
      貧弱PCで見るとわかるのですが、キャラメイクなどは、うまく先読みできていないような印象がありますし。。

      もしくは矢に膝を受けましたね。。

      ちょこちょこがんばりますよ!
      矢に膝を受けているブレトンな管理人より

  • はぐれハグレイヴン

    自分もつい先週GTX560tiに変えましたね、それまではGTS250で頑張ってましたw

    今はカクカクもなくなって大分満足していますが、グラフィック系MODを導入するにはまだ早かった……。

    いかんせんOSがまだXPなので、いい加減そろそろ7を搭載しようと考えてます、早くdirectx11導入とメモリを強化したいです。

    暇は今月までだというのに、金欠でスカイリムを最大限に楽しむ前にリミットを迎えてしまいそうです(^q^)

    • スカイリム忘備録-管理人

      はぐれさん

      こんにちは~!

      560ですか!いいなあ。。
      それでもグラ系たくさん入れて背伸びすると、すぐFPSが悲鳴をあげてしまうような数値になるんですよね。。
      ただXPだと基本32bitだと思われますので、GPU側よりもメモリ的な問題もありそうですから
      伸びしろはまだまだありますよ!
      ※管理人は7なんですが出た当初に導入したため業務都合上32bitにしてしまいました。。

      スカイリムであれば64bit必須ですもんね。。
      なんとかお忙しくなる前に、目一杯楽しんでくださいね!

コメントを残す

 

 

 

これらのHTMLタグが利用可能です

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>