【SKYRIM/スカイリム】コンソールの開き方と使い方-キャラメイク編 « スカイリム・キャラメイク/MOD/まとめ/トラブル/Tips/覚え書き 忘備録

【SKYRIM/スカイリム】コンソールの開き方と使い方-キャラメイク編

本日PC版の発売日だからでしょうか。 「skyrim 途中から キャラメイク」みたいな検索で来られている方が多いので

画像付きでコンソールに触れてみたいと思います。

 

 

今日から始めているユーザーの方にとっては、MODどころか、そりゃあコンソールの開き方だって

ちんぷんかんですよね。

というわけで、まずはキャラメイクからですが、今後、よく使うコンソールコマンド等を少しずつ記事にしていきますね。

まずはコンソールの開き方と使い方-キャラメイク編からスタート

 

コンソールの開き方と使い方+いつでもどこでもできるキャラメイクの方法

 

1, 半角/全角キーを押すとコンソールが開きます。上の画像のように、画面下からヌルっと半透明のコンソールが開きます。

コンソールが開いたら、ここではコマンド入力モードになっていますので

この状態の時に、コンソールコマンドを入力します。

ここではキャラメイクの画面を開くためのコンソールコマンドを入力しましょう。

コマンドはshowracemenuとなりますので ・・・

 

こんな感じに入力したら、ここでEnterを押してください。

 

コマンドが間違っていなければ、画像のようにキャラメイク画面に切り替わります。

このあと、alt〈オルト〉キー&半角/全角を2回押すと、コンソールから抜け出ることができます。

※altを押しながらです。

※抜け出たあとにコンソールに入ろうとして、うまく入れない場合は、

入る時にalt&半角×2を押すと入れて抜ける時に半角×1で 大丈夫です。

 

キャラメイクの際に、キャラが小さくてみづらいという方は

fov “任意の数値” を入力してください。

キャラメイク画面は、fov 45 が管理人の推奨値です。

入力後にEnterで。

 

こんな風に拡大表示されます。〈正確には表示領域を狭くしています。〉

 

元に戻したい時は、同様にfovで戻してあげてください。

通常ゲーム時は”60~90″くらいがいいんじゃないでしょうか。

このあたりは実際に試して、お好みの数値でプレイしてください。

 

キャラメイクの副作用についての対処方法

 

プレイ中いつでもキャラメイクができるのですが、ちょっと副作用がありますので

その回避方法を一部、wikiなど情報から引用させていただき記載させていただきます。

 

①装着している装備(武器・防具・装飾品)を「全部」外す。(保険で新規セーブ推奨)

その後、キャラメイクを行った後に、スキル欄を確認し、問題がなければセーブする。
(スキル確認時にHP等の数値が変わってしまっていた場合、外してない装備などがあるため、①からやり直してください)

②数値に問題が無くても、このままプレイすると装備している魔法効果や種族特性の魔法効果に影響が出ます。

・装備の魔法効果 = 該当の防具などを一度外して再度装備すれば、元に戻ります。

・種族特典の魔法効果(ノルドの氷耐性50%など)は消えてしまいます。

・寺院の恩恵も消えますが対処可能〈同じ寺院にいけば大丈夫です〉

※大守護石(ガーディアンストーン)の効果(盗賊、魔術師、戦士)などは消えないようです。

③ ②を回避するため、①が完了次第一旦スカイリム再起動後、①のキャラメイク後のセーブをロードする。
※この時、①のデータ以外はロードしないこと。
④ ③の手順を行うと、スキル数値とパワーに影響もなく、種族特典も復活します。ここでセーブして完了です。
※装備効果は、上述の通り、再装備などで対応してください。

 

PC版ユーザーに限りますが ゲーム中どの場面でも、

コンソールから、いつでもどこでもキャラメイクができます。

しかし、副作用もありますので、高レベル時などは注意してくださいね。

 

とりあえずはこれで。

今日スカイリムはじめたよという方、コンソールは本当になんでもできてしまうので

正直、最初はあまり知らないほうが無難だと思います。

一気にゲーム性を失ってしまうようなコマンドもありますので、知るのもほどほどがいいかも。

 

ご参考までに

 

65のコメントがあります : 【SKYRIM/スカイリム】コンソールの開き方と使い方-キャラメイク編

コメントを残す

 

 

 

これらのHTMLタグが利用可能です

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>